知らぬ間に忍び寄る糖尿病の症状を把握|逐一チェックする

病棟

早期に治療を始めよう

婦人

自己抗体が原因です

リウマチとは関節に炎症が生じることで痛みや変形が生じる病気の総称です。なかでも自己免疫疾患を原因とする関節リウマチの患者は女性に多く、30代以降の女性1000人あたりに対し5.4人程度の患者がいると推定されています。自己免疫疾患とは自己抗体と呼ばれる抗原が何らかの要因によって体内に生じてしまい、免疫システムがそれを攻撃することによって生じる症状のことです。関節リウマチの場合ではリウマイド因子と呼ばれる自己抗体が体内に生じることで関節・腱・滑液包に炎症が生じ様々な症状が現れるようになります。初期症状は関節の曲げ伸ばしが難しく感じるようになることや微熱・リンパ節の腫れ・貧血などの症状がみられるようになる点が特徴です。世田谷区に住んでいる方でこのような症状に悩まされている方は、世田谷にある内科やリウマチ科で精密検査を受けることをおすすめします。

少しずつ進行する病気です

関節リウマチの症状には周期性があります。初期には2週間ほど症状が持続しますが、やがてそれらの症状は治まりしばらくの間は無症状となります。しかし自然に治ることはないのでしばらくするとまた再発し、同じ症状を繰り返しながら徐々に病状が進行してしまいます。この関節リウマチは早期に治療を受けることが大切な病気です。以前までこの関節リウマチは対処療法しかありませんでしたが、最近では抗リウマチ薬の登場によって症状を大幅に抑えることができるようになってきました。世田谷区の内科やリウマチ科ではこの関節リウマチの治療に力を入れています。診断は血液検査や問診など簡単な内容となっているので、短時間で終了します。すでに関節の破壊や変形が進んでいる場合でも世田谷区の病院であれば施設も整っているので手術によって大幅に関節の機能を取り戻すことができます。すでに大きく関節が変形している方も適切な治療を行えばそれ以降からは症状を抑えることができるようになります。