知らぬ間に忍び寄る糖尿病の症状を把握|逐一チェックする

病院

正しい選択が大事

病棟

世田谷区の中で内科を探す場合は、まずは町医者と呼ばれるようなところに行く方が、何かとメリットが多いです。ただし、どこでも構わないのかというとそうではないため、診療科目の数や、紹介状を書いてくれるのかを見ておきましょう。

もっと読む

早期に治療を始めよう

婦人

関節リウマチは女性に多い疾患となっています。病気を完全に治すことは現代の医学ではできませんが、適切な治療を早期に行えば症状をコントロールすることも可能です。30代以降の女性で関節のこわばりや微熱などの症状が続く方は、世田谷区にある内科やリウマチ科で検査を受けるようにしましょう。

もっと読む

腰の痛みの原因を知り治療

医者

腰痛を治療する為には、正しい原因を知る事が大切であり、原因に合わせた治療方法を行う事が重要です。行徳には整体院やマッサージ店が多くあり、口コミサイトなどを利用して自分に合った治療方法を見つける事が大切です。

もっと読む

怖い現代病

女性

糖尿病はホルモンの一種であるインスリンが足りなくなったり、作用が弱くなって血糖値が高くなる病気です。糖尿病には、1型と2型があります。1型はインスリンを作るすい臓の細胞が破壊されることによってインスリンが作られなくなり発病するものです。比較的若い年代の方が発病しています。2型はインスリンの分泌が少なくなったり、働きが悪くなるために起こるもので、比較的年配の方が多く発病しています。遺伝的な理由や運動不足、過食などが原因とされており、患者の9割が2型だと言われています。1型はのどが渇くなど多少の自覚症状がありますが、2型は自覚症状がほとんどなく、気付かない間に進行することが多いとされています。治療法としては、食事療法(バランスの良い食事)と運動療法(適度な運動)、薬物療法(インスリン注射やインクレチン注射)があります。

糖尿病の大きな特徴として体のいたる所に合併症が現れるという点があります。三大合併症としては、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。網膜症は高血糖により眼の網膜に障害の症状が出て出血するなどし、進行してひどい場合には失明することもあります。腎症は腎臓の糸球体というところに障害の症状が出て、腎臓の機能が低下するもので、最悪の場合には人工透析が必要になります。神経障害は体の神経に障害の症状が起こり、知覚神経、運動神経、自律神経などに支障をきたすことで機能低下や痛みなどの症状が起こります。その他にも動脈硬化などの症状が出る場合もあります。アルツハイマー型認知症や悪性腫瘍を招く要因であるという指摘もあり、糖尿病になると様々なものが制限され、様々な所に合併症が現れるため日頃から検査をするなど発病しないように心掛けることが大切です。また、糖尿病にならないためには、規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事が大切になります。これらは自分で判断するのは難しいので、病院に行って医師からアドバイスをもらうことが効率的です。普段の生活を医師の観点から診てもらい、どのように改善していけばいいのか伝えてくれます。逐一チェックするようにしましょう。